フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月29日 (金)

さよなら神保町 #4

看板も取り、窓枠や入口の時計草の棚もはずしました。
神保町amuletのラストショット。

Dscn8903

さようなら。
これで、見納め。

2011年4月28日 (木)

さよなら神保町 #3

本日も神保町の解体工事の現場から。
2階の“モンドリアン風”飾り棚の窓も、さようなら。

Dscn8900

明日からは、西荻窪の新しいお店への家具や
商品の引越も始まります。

2011年4月27日 (水)

さよなら神保町 #2

一日の解体工事でこうなりました。
4年前つくった時は、2ヶ月がかり……

Kaitai8899_3

つかいこんだ床や棚の板材は、西荻窪に運んで
新しいお店でふたたび利用します。

2011年4月26日 (火)

オリジナル雑貨 試作中

5月からの新しいお店に向けて、オリジナルの手づくりもの
見たこともないアクセサリーもいろいろ検討、試作中。
Sisakku8897

紙をまるめて図案のチェック。
どんな雑貨ができるか?もう一月か2月後の
お楽しみ♪♪

2011年4月25日 (月)

さよなら神保町

昨日を持ちまして神保町のamulet、閉店となりました。
一晩開けて、今朝の様子。
今日からお引越。床のフローリングや壁の棚もはずして
西荻窪の新しいお店に移転となります。

8892

28885

28879

さよなら神保町。
西荻窪のお店は、50年前の古家をつかって和洋折衷。
数年前、amuletの姉妹店だった目白のお店coco de coと
ちょっと似ているかもしれません。

2011年4月22日 (金)

神保町のお店も日曜まで♪♪ご来店の方にはいろいろプレゼント♪♪

いよいよ24日で、神保町のamuletは店じまい。
金曜日から最後の週末日曜日まで、2階のレジでホームページか
ブログ、メルマガを見たとお伝えいただくと、いろいろプレゼント♪
3日間限定でさしあげます♪

Photo

アンティークのフランスのキーホルダー、
“象のパバール”のちいさな陶製人形のフェブ
ハイドメイドのオーナメント、ヴィンテージのレース10㎝などなど
好きなもの選んで3つ。
そして、24日のイースターのグミのおかしか
チョコレートいずれかのおまけもさしあげます♪
数に限りがあるので先着順、品切れの場合はごめんなさい。
★1階のカフェは、23日(土)が最終日。8時までの営業です。

さあさあ“本の街”神保町のお店は見納め。
amuletにいらっしゃい♪

2011年4月21日 (木)

豆本のようなパーツ いかがですか?

amuletのオリジナルパーツの新シリースが出来ました。
1900年代のむかしの絵本をアクセサリーやものづくりの
パーツにアレンジ。表紙の裏は中のページ。
金具付と金具なし。雨にぬれても大丈夫。一個90〜150円。

8870

ホームページで購入希望の方は、トップページの
左上“お店のものたち”のなかの“オリジナルパーツ/絵本”へ。
もちろんamuletのお店でも買えます♪

2011年4月20日 (水)

神保町の2軒目のお店

つまり、4年前に引越した頃のいまのお店のアルバムから。
DMにつかった写真です。1階にオープンカフェ、2階にギャラリー。
雑貨のお店は1階の奥だけでした。

Amulet2440

Amulet_2feps

Amulet2f3eps_2

新しい西荻窪ではギャラリーを常設。
毎月2、3のテーマで企画展やイベントを開催します。
その一回目は6月10日〜15日
“森”をイメージしたグループ展+ライブ+パーティ
「眠れる森」を開催予定。

2011年4月19日 (火)

今年の“くりくりのちいさな教室”始まります

去年まで神保町のamuletの店内で開催していた
手芸作家さんによる1日ワークショップ“くりくりのちいさな教室”。
今年からスカイツリーの街、押上に新設のamuletのアトリエに
場所を移しての今年のスタートとなります。
第1回目は5月21日(土)午後1時〜
フェルト作家NICOさんの恒例のフェルトでものづくり
“型をつかってつくるブローチとアルファベットの教室”です。

Niko8864

フェルティングニードルと型をつかってつくるかわいいうさぎ。

ブローチ2点のいずれか希望のもの1点ときれいなアルファベットのかざり。
受講料3,200円(お茶代含む)+材料費1.000円  定員8名
●問合せ、申込み
tel.03.5283,7047(〜5/24) 03.3247,2331(6/1〜)
または メール窓口 まで

6月以降、フェルトの他、刺繍、ソーイング、かぎ針編みの
くりくりのちいさな教室を隔週で開催。
日程は、このブログやホームページで随時、掲載します。

2011年4月18日 (月)

もうすぐイースター

今年のイースターは4月24日。
神保町のamuletの最終営業も同じ、復活祭の一日。
その日いらした方への特別プレゼント。何かは、まだヒミツ♪

Riko8858

2階窓辺のRicoさんのアクセサリーのテーブル。
うさぎのチョコレート型。ひよこと卵のカード。
プレゼントの答が隠れているかも……

2011年4月17日 (日)

神保町の最初のお店

6年前のamuletのアルバムから。
神保町に引越してきて、出版社の倉庫だった
むかしの建物を直して、オープンした頃。

Amulet_9

昨日のブログに書いた路地の一軒家。引き戸を開けると。

Amulet_10
Amulet_11

夏の“くりくり展”。当時の2階のカフェで開催。

2080_3

5月の西荻窪の引越先も、むかしの古家を直して新しいお店に。
6年前とちょっと似ている場所になるかもしれません。

2011年4月16日 (土)

神保町界隈

6年前に鎌倉から引越して、神保町の最初のお店を開いた路地。

8857

いまは、その場所はビルの裏口。
でも、カレーの“まんてん”はいまも盛況。お客さんが絶えません。

8856

お昼ごはん“しゅうまいとウインナーのせ”お世話になりました♪
きっとまた、来ます。

8852

路地を抜けて、猿楽町方面。
むかしの交番。できれば、お店につかわせてほしかった。

8853

急な階段、男坂を登ると、お茶の水への近道です。
ちょっとなだらかな女坂もあり。

神保町のamuletは24日まで。
界隈のお散歩がてらおいでください。

2011年4月15日 (金)

新しいパーツ

デコパージュでつくったオリジナルパーツ
“リトルピープル”シリーズから。
オランダのむかしのおみやげの人形の写真を
人工着色してつくりました。

63

こちらは、金具付。
アクセサリーやいろんなものづくりにつかえます。

3000

amuletのパーツコーナーで発売中。
来週にはホームページにもラインナップ。

2011年4月14日 (木)

今年の“くりくり展♯8”の日程が決まりました

夏の恒例 「くりくり」読者の手づくりものづくり博覧会
“くりくり展”も今年で8年目。こちらは昨年、♯7の会場から。
4つのテーマにわけた展示には、計3千人以上のお客さまに
来場いただきました。

2hp

手づくりの作品で参加された方も約100名。
ひとりひとり個性的なすてきな作品がならびます。

Hp

今年はamuletの移転に合わせて、神保町から
西荻窪へ会場をお引越。
去年と同じく8月と9月、4つのテーマで開催。
日程も決まりました。
8月19日(金)〜8月28日(日)
theme.1  “着るものつけるもの”
8月30日(火)〜9月11日(日)
theme.2  “人形と動物たち”
9月13日(金)〜9月20日(火)
theme.3  “くらしのなかでつかうもの”
9月22日(木)〜9月30日(金)
theme.4  “絵のある雑貨”

応募の方法は、5月末頃、全国書店で発売予定の
「くりくり」11号の誌面、amuletのホームページで掲載予定。
ホームページの右下にあるメールマガジンに登録の方は
応募の詳細が決まりましたら、一足先にご連絡します。

一日だけの手づくり市&フリマ、6月19日(日)のくりくり市も
ただいま参加者を募集中♪お問い合わせはamuletまで。

2011年4月13日 (水)

新しいお店への道

西荻窪駅の南口“仲道通”のアーケード。
なかに入ると、ほら♪ ピンクの象。

Photo_2

アーケードをぬけると、カレー屋さん。
Photo_3

その前の商店街。どんどん進む。

Photo_4
Photo_5

“アンティークの街”西荻窪のSouthWestエリア。
雑貨屋さんも、ちょこちょこ。

Photo_6

こちらは、英国風のテイラード。仕立て屋さんです。
通りを進んでゆくと、人気のカレー屋さん“オーケストラ”。
オーナーの山崎くん。
実は、以前、神保町のamuletでカフェのカレーを
お願いしていました。その後この地で独立、盛業中。

Photo_8

駅から7分、8分位。駅を背にして左側。
階段の下の赤い入口。アンティークと雑貨の“CABANON”さん。

Photo_9

その先のお隣に、新しい西荻窪のamuletのお店。
5月20日にオープン予定。

2011年4月12日 (火)

神保町amuletのヒミツ

4年前、裏通りから移したいまのお店の場所は
昭和20年代前半、少女のためのかわいい雑誌
「ひまわり」「それいゆ」を編集してた中原淳一さんの
“ヒマワリ社”のあった所。
近所の古本屋で見つけた当時の地図の復刻版で
偶然、分かったamuletの楽しいヒミツです。

                    いまのお店
Photo_2
   神保町駅              洋食のランチョン

そういえば鎌倉から神保町に移転してきた時
amuletの壁のアルファベットの文字をつくってもらった
造形作家林るいさんのお父さんの林静一さんも
中原さん、「ひまわり」の作家たち、その源流の
竹久夢二の作風をいまに伝える作家さん。

Photo_3

何年か前、取材で内藤ルネさんにお会いした時
「始めていった中原さんのひまわりの仕事場に
うかがった時、おいしい食事をごちそうになったのが
神保町だった」と話してらしたことを思い出しました。
Photo_7
この壁の文字ももうすぐ新しいお店にお引越。

2011年4月11日 (月)

時計草

震災の日から今日で一ヶ月。
神保町のお店もあと2週間。

8804

暖冬だったせいか、入口の時計草は
ずっと緑をつけたまま、つばめといっしょに
冬を越しました。
春の日差しなか、ムスカリやワレモコウと
西荻窪のお庭に引越の予定。

2011年4月10日 (日)

フェルト作家の藤田さんより

ウサギの“チビちゃん”のフェルト画やポストカードで
amuletでも人気の作家、藤田さんより、ご連絡がありました。

Photo

「 テレビの避難所の映像を見ても、ペットといっしょに
 避難されている方がいらっしゃらないな…と、
 個人的にはとても気になっていたのですが。。
  友人のニットデザイナーさんが、迷い犬や猫のために
“東日本大震災ペット消息情報・福島原発ペット避難情報”
 という検索サイトをつくりました」とのこと。

amuletにも動物たちが大好きな方が、お客さまとして
よくいらっしゃいます。

「お友だちにも紹介していただいて、ばんばんリンクを
 貼っていただけたら、幸いです。
 一匹でも多くのちいさい命を助けたい
 と心から祈る思いです」

みなさまのご協力をいただけると幸いです。

東日本大震災ペット消息情報・福島原発ペット避難情報


2011年4月 9日 (土)

手芸の国のアリスの絵本 参加作家募集

先日、こちらで告知した、この夏書店発売予定の
“不思議の国のアリス”の物語を手芸で絵本に変えた
「手芸の国のアリス」(仮称)の本に作品を掲載させていただける
作家さんを募集します。

その内容は、原作の物語のなか
大きくなってしまったアリスが流した涙のために
小さくなってしまったアリスといろんな動物たちが濡れてしまった
からだを乾かすためにグルグルかけっこをする“コーカスレース”

1

そこに登場するいろんな動物たちや鳥たちの人形、ぬいぐるみ
造形を製作してくれる人。お手元の作品を貸していただける方。

2

ドードーやアリス以外の動物たち。
アリスの本の挿絵に出ている動物たち以外でもかまいません。
むかしのぬいぐるみや人形の既存品をリメイクなどでも作家さんの
個性が出ているものなら大丈夫。
1人1体、60人60体。
いろんなタイプ、作風、素材の作家さんを募集します。

こちらのわがままな条件となりますが
・サイズは5cm以上、30cm以下
・西荻窪のamuletまで作品を6月末日までに郵送、または、ご持参
掲載料等の謝礼はございませんが
・本の巻末ページに作家さん一人一人のプロフィール、HPの掲載
・作品返却時に掲載した本書を一人一冊献本
また、amuletにて開催予定の書籍発行イベントに、ご希望の方は
作家の一人として掲載作品を展示させていただきます。

 

興味を感じた人、参加してみたい方は
作品の画像を2〜数点、または、掲載されているHPのアドレスの
amuletのアトリエの“アリスの絵本係”まで、メールで教えてください。

アリスの絵本係のメールはこちら

選考結果、一人一人へのお願いなど、お返事させていただきます。

2011年4月 8日 (金)

神保町のおいしいカレー

amuletの1階のカフェ“ウタリ”のやさいカレー。
神保町のおいしいカレーランキングにも選ばれました。
ほかにも、チキンやほうれん草のメニューいろいろ。

Photo

24日まで、2階の雑貨といっしょにカフェも営業。
でも、食材の都合で品切れやお休みの日もあるかも。
予約もお受けしています。tel.03.5283.7047 amulet

アリスの絵本の作家募集は、明日このブログでまた♪

2011年4月 7日 (木)

手芸の国のアリスの絵本のこと

くりくりの本のシリーズの新しい本「手芸の国のアリス」(仮称)が
出版社のOKも出て、編集を始めることになりました。
これは、企画スタート当時の表紙のイメージスケッチ。

Photo

手芸でいろんな情景をつくる不思議の国のアリスの絵本。
デザインや雰囲気は、編集をしながら変わってゆきそう。
でも“100人の作家”でいっしょにつくるかたちは変わりません。

Photo_4

中のページや、手芸の国にアレンジしたアリスの物語も
いろいろ思案中。

ページにのせる手芸や雑貨の作品募集を明日からの
このブログやamuletのホームページでお知らせ♪

どうぞ、よろしくお願いします♪♪

2011年4月 6日 (水)

いろいろ試作中♪

ただいま編集中の「くりくり」11号の掲載作品から。
かぎ針編みのスワン。小さな収納ボックス。
テーブルに置いたり、壁にかけたり。
特集テーマは“チープシック・ハンドメイド
お金をかけずに、すてきに暮らす”の予定。

Swan_2

「くりくり」は、新しいお店のオープンに合わせ
5月下旬に発行予定。かな……

2011年4月 5日 (火)

“お針子さん”の募集について

ホームページで告知しているお店の“お針子さん”の募集について
どんなお仕事か、どんな人を募集しているか、などなど、いろいろ
ご質問をいただきます。

お仕事は、いっしょに相談しながら古着や服飾品のリメイクが基本。
技術があればパターンを起こしてオリジナルの服づくりをお願いする
ことがあるかも。

例えば、このコートドレス、本の掲載用にお店で布からつくりました。

P138_2

募集の方の条件は
・ワンピース、コート程度の布地からの服づくりの知識と経験があり
お手元にその作業のためのミシンなど、必要な道具をお持ちの方。
・西荻窪でのものづくりなどの打ち合わせに随時、来店が可能な方。
・お客様として考えられる“森ガール”“ナチュラル”“ゴシック”などの
乙女系、「装苑」「Spoon」「Olive」などの読者層の感性にあった服を
イメージしながらの古着のリメイク、アレンジに適性を感じる方。
学歴、年齢、性別などは不問です。

P008_2

ただし、交通費等なし、出来高制買取または、委託販売。

一定の収入の確約、発注数保証はありません。

ご考慮いただいたうえで、応募を希望される方は、簡単な自己紹介
ご自身でつくられた服、雑貨関係の作品の画像の添付、または
ホームページのアドレスなどamuletまで教えてください。

amulet@mbe.nifty.com

 






2011年4月 4日 (月)

神保町は4/24まで 新しいお店は5/20から♪

現在の神保町のお店の閉店と、移転先の西荻窪の新店オープンの
日程が決まりました。
明日から配布するチラシには、新しいお店の地図もありますよ♪

Hp_4
   

2011年4月 3日 (日)

アンティーク&手芸用品モールもお引越し

神保町の2階の“アンティークと手芸用品モール”も
そろそろ移転とリニューアルの準備。
名前も“西荻窪アンティーク&手芸用品モール”に
変更します。
スペースも少々広くなり、出店棚を増やすため、
日本と海外のお店に参加をお願いしているところ。
それでは、 参加へのご案内の一部をご覧ください。

20113_2

1階の奥にヴィンテージの手芸用品の十数ショップの
出店棚のモール。
2階にアンティークと古書絵本20ショップの出店棚を
並べる予定。

20113_3
2階のアンティークモールの出店棚が
本日現在まだ、2、3店ほど未定です。
おすすめのお店、ネットや骨董市の出店者がいたら
amuletまで教えてください。
amulet@mbe.nifty.com

2011年4月 2日 (土)

店づくりお手伝い募集中。ただし……

5月始めから中頃まで、西荻窪のお店づくりで
部屋の壁塗りやベランダのペンキ塗り、庭のガーデニングなどなど
お手伝いしてくれる人を募集します。
ただし、お給料や交通費なし。
だけど、近所で人気のカレー屋“オーケストラ”のおいしい食事つき。

Photo_3  

ベランダにはペンキを塗って、庭からツタ植物を立ち上げて……
室内には白壁を塗って……(イメージ )

Photo_5

1日に6時間以上、5月に時間と興味がある方、連絡ください。
amulet@mbe.nifty.com

2011年4月 1日 (金)

改装アイデアいろいろ

西荻窪の引越先の古民家店舗。
洋品店だった頃のむかしのお店の雰囲気を活かして
和洋折衷、むかしといまをリミックスの見たことのない
お店づくりのアイデアを考えたり、スケッチをしたり。

8762

1階の庭と2階を階段でつなぐ
ベランダはお客さんのひとやすみスペースに。

8757

商店街を望む2階の広い窓。
朝から夕方まで、明るい日差しが手芸とアンティークのモール
ギャラリーのある場所をつつみます。

8753_2

「あたらしいお店は、どこですか?」 とよく聞かれます。

答えは、“ピンクの象”のまっすぐ先。西荻窪駅南口から7、8分。

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »